動力節電システムシガセイバー

HOME | 節電設備 | 動力節電システムシガセイバー

動力節電システム【シガセイバー】

シガセイバーは動力(モーター)の効率を悪化させる逆回転磁場を抑える技術で、使用電力量を下げることが出来る節電システムです。

工場・オフィスの節電対策手伝わせてください

 

 現在地球規模で異常気象や天変地異が発生し、私たちが排出する二酸化炭素が問題になっております。日本はパリ協定を批准し、それ以前にも国内では省エネ法が存在し国主体で省エネ対策を強めております。それに伴い、省エネ対策が必須となり様々な対策を講じている企業様が多いのではないでしょうか。
 シガセイバーは、あらゆる電動機に対して、効果を発揮する技術であるため、非常に広範囲な業種・業界で価値がある節電システムです、お客さまにとっては経済効果と環境改善の両立が可能になります。

節電対策のお悩みはグットジョブまで
シガセイバー作用イメージ

シガセイバーとは

これまでの常識では、動力(モーター)が接続されている低圧幹線の高調波は、基本波に比べて電圧で0.1~0.2%。電流でも0.2~0.3%と考えられていました。そのため、高調波に起因する回転因子側の誘導電流の割合も微弱と考えられていました。
実際は回転子(モーター)の電流が基本波に対して最大15%程度高調波電流が存在していることが実験によって判明いたしました。この高調波ロスを無くせば節電になると考えたのがシガセイバーです。